筋肉を効率よく鍛えるのは生理中がおすすめ!!その訳とは?

筋トレ,生理 スポーツ

筋トレを頑張っているとき女性の方なら月の周期で必ずくる生理時の過ごし方について、どう過ごすのがいいのか、わからない方が多いんじゃないでしょうか?

実は生理の時って筋トレに励んでいる方にとってはチャンスと言える時なんです。

今回はそんな筋肉と生理の関係について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

生理中の過ごし方

私の話ですが、生理前になると身体がダル重くなったり眠くて仕方がなかったり、何に対してもやる気が全くでなかったり。始まったと思えば、頭痛や腰痛、吐き気に悩まされるなど筋トレなんかしてる場合じゃない!というほど、生理痛に悩まされてきました。

私のように、身体を動かすのもしんどい・・・という方は無理して動く必要はありません。

ですが、意外と生理中でも筋トレを行うメリットがあるんです。

筋肉がつきやすくなる

実は生理中の女性ホルモンの働きが少なるなるので普段の身体よりも筋肉がつきやすい状態になっているんです。

女性ホルモンについては下記で詳しく説明しますね。

生理痛の緩和

身体を動かしてあげることで、血流の流れがよくなり体温が上昇するので身体が温まり、生理痛の緩和に繋がります。

痛みがある方は軽い股関節周りのストレッチだけでも効果があるので無理のない範囲で行ってみてはいかがですか?

リラックス効果

身体を動かしてあげることで、リラックス効果も高まります。

特に気分が沈みがちな時なので気分転換をかねて軽くウォーキングをしてみたり、お家でヨガなど身体へ負担が少ない運動をしてみるといいですよ。

ホルモンの働き

私たち人間の身体にはホルモンの働きが必要不可欠です。ですが女性の方はご存じの通り、月の周期でホルモンバランスが変化していくので週によって体調はバラバラな方もいらっしゃるでしょう。

その問題のホルモンとは「女性ホルモン」のことなんです。

「女性ホルモン」は筋トレを頑張っている方にとっては少し悩ましいものです。なぜなら、女性ホルモンの働きには脂肪を蓄えたり筋肉の育成を妨げたりと日々、筋トレを頑張っている女性からすると悩めるホルモンなんですが、生理中はそのホルモンの分泌が少なるなります。

なので、「筋肉を効率よく鍛えるには生理中がおすすめ」ということになるんですね。

生理中の時でも普段通りに動けるのであれば積極的に動いていきましょう。

生理中の筋トレをする際の注意点

ホルモンの働きで見れば生理中に動いた方が効率よく筋肉が鍛えられます書きましたが、無理をするのは絶対に厳禁です。

普段より貧血気味になってしまう時なので倒れてしまう場合や最悪の場合、怪我をして可能性が救急車で運ばれる恐れだってあります。

「筋トレをすると人生が変わる」と言われますが、そのせいで倒れてしまっては本末転倒ですよね。

ご自身の体調としっかり向き合って無理のない範囲で行って行きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

月の周期で訪れる生理、この身体の仕組みを活かして筋トレを行えば、効率よく理想の体型へと近づくことが出来るでしょう。

ですが生理の症状は人によって様々です。私のように重い症状がある方は無理に動く必要はありません。何事も無理のない範囲で筋トレLifeを楽しんで、行って行きましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました